君は君のままでいいんだよ

何も失ってなどいない… 「君は君のままで、私は私のままでいいんだよ。」 こんな風に心から思える日が来るのを信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気持ちの切り替え

ここ最近、嫌々ながらも浄化をつづけていました。

ただ数をこなすことだけに囚われていました。

ただ一刻もはやく現実の苦しみから解放されたくて

ただただノートに感情をかきなぐり、手を動かしていました。

でもいくら感情を書きなぐっても、いくら浮かんでくるままに

観念を書き出しては浄化してみても、

自分と向き合っているという感じでは正直なかったのではないか

と思います。

ただ当たり障りのないように自我と戯れていたような気がします。

やっぱり本当に自分の中にあるものに向き合うのは怖かったのだと思います。

無意識にさけていたのだけれど、私はそれを自分ときちんと向き合っていると

思い込んでいたようです。

ついさっきまでこんな風には思えませんでした。

ただただ焦っていました。

そして焦ることに疲れて、もう一度やり直してみようと思ったのです。

積極的な再挑戦ではありませんでした。

どちらかというと窮地に立たされて仕方なくという感じでした。

でもやり直すといってもどこからやろう…としばらく迷ってから

パラドックスの教材に載っていた言葉のリストの中から一番気になるもの

からはじめてみようと思いつきました。

早く実感してみたかったのです。

そして選んだのは、「正しさ」という言葉

あんまり一気に書き出すと嫌になってしまうので

あまり細かいところまで探るのは一旦諦めて

とっさに思いつくものだけ書き出してみました。

相対する「間違い」に関する観念も同様に書き出してみました。

すっきり1ページくらいに収まり、まずはこれに真剣に取り組んでみようと

思いました。

しかし、喜びもつかの間、自我はそこで満足してしまったのです。

またか…とあきれつつ心の中を観察してみました。

すると強く浮かび上がってきた言葉がありました。

「失望したくない」という言葉でした。

もう…また怖がりな自我がたわ言をいってらぁ。

とそんなもの無視して強制的にやっちゃえ!と思ったのですが

「失望したくない」という思いが思いの外大きいことに気付きました。

無視しても駄目そうなので、とりあえずロケットで飛ばして見ることにしました。

でも、なかなか消えてくれない。

それどころか胸がどんどん苦しくなってきました。

なんと強烈なやつなんだ…と諦めかけていたとき

今度は「失望されたくない」という思いが強く出てきました。

それで、それもロケットで何回も飛ばしましたが消えてくれませんでした。

まだ胸は苦しいままです。

でもロケットを何回も飛ばしているうちに、思いの中心に向かっているような

気がしてきました。

そしてようやく出てきたのが、

「もう自分に失望されたくない」という思いでした。

この言葉をハートで感じてみたら

やっと自分にわかってもらえたような気がして

ぽとぽと涙が流れてきました。

そういえば、今までいっぱい自分に失望してきたなと思い出しました。

そして「失望」という文字に感じていた恐怖が

ひゅーっとしぼんだような気持ちになりました。

こんな気持ちは浄化ワークをはじめてから初めてでした。

今まで何の実感もなかったので、こんな小さなことが

うれしくて仕方がありませんでした。

まだ完全に「失望」という言葉に恐怖を感じないわけではないので

もう少し色々言葉をくっつけて真っ白になるまで頑張ろうと思います。

そして、最後に宣言しました。

「たとえ誰に失望されようと、私は私に失望しません。」


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








スポンサーサイト
心の変化 | コメント:1 | トラックバック:0 |

何もかも決め付けていたんだな

ここ2,3日苦しくて苦しくてどうしようもありませんでした。

自己否定に耐えられなくて部屋に閉じこもったり、

お母さんに八つ当たりしたり、浄化ワークからも遠ざかっていまいた。

とても、焦っていました。

早く楽になりたい

早く苦しみから逃れたい

自分の外側にばかり救いを求めていました。

自分の外側にばかり原因を求めていました。

現実はこんなに苦しい、どうしたら現実を変えられるだろう

どうしたらここから逃れられるだろう

そんなことばかり考えていました。

そんなとき、ふとこんな言葉が蘇ってきました。

          自分の心の中にしか現実はない

                  自分の心の中にしか他人はいない

               自分を傷つけられるのは自分だけ

ちゃんと自分と向き合っていませんでした。

今ここにある思いがどこからくるのか見ようとしていませんでした。

ただただ外を見ていました。

ちゃんと自分と向き合おうと、不安を抱えながらも

再び浄化ワークに取り掛かっているところです。

旅の仲間の様子が励みになったり、逆に気になってしまったり、

無意味に思えて苦しくなってしまうこともあります。

そんなときは、本当の自分に出逢うまでの合言葉を思い出します。

        比較しない

        決め付けない

        自分を許す

        全てを受け入れる

私はこの中でも特に「決め付けない」という言葉が

目からうろこでした。

私は「そんなに決め付けてなんかいない、事実は事実じゃないか」と

最近まで信じきっていました。

でも、本当にそうだろうかと疑ってみてから

「決め付けてないことなど何もない」ということに気付きました。

今、苦しいくて仕方がないことも

誰かが私を傷つけたという思いも

私は駄目な人間だという思いも

すべてのもの、出来事、感情、思い、自分、他人…

すべて決め付けているに過ぎませんでした。

まだこれが完全に腑に落ちているわけではなくて

常に意識していないと忘れてしまうほど、まだ頼りないものですが

気付けてよかった。

自分の内側を見つめて、

少しずつ、決め付けていることに気付けたら

それをひとつひとつ手放していこうと思います。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








気づき | コメント:0 | トラックバック:0 |

ずっとお母さんが悪いんだとおもっていた

今日も淡々と浄化ワークを続けています。

今まで何度もうやめてしまおうと思ったか分かりません。

でも、テイクオフコースの仲間がいたからここまでこれました。

(といっても、まだ半月しかたっていませんが^^)

今日はちょっとした気付きがありましたので日記に書こうと思います。

私の母の口癖は「疲れた」「死にそう」という言葉です。

多い日には一時間のうち50回は言っています。

それを聞く度に私はとても苦しくなってしまいました。

(お母さんは私を苦しめたくてわざと何度も言うんだ!)

と怒りはどんどん積もっていき、それは次第に憎しみに変わっていきました。

(くそババぁ、死んじまえ!)

と本気で思ってしまったこともありました。

「そんなに疲れたって言われると苦しくて仕方がないから言わないで」

と言ったこともあったのですが、

「うるさい!疲れたぐらい言ったって良いでしょ!」

と怒られてしまいました。

今日も母はずっと「疲れた」を繰り返していて、

私はその言葉が吐かれる度にビクビクしていました。

自分がその言葉に対してものすごく過敏に反応してしまうからです。

せっかく楽しい話をしていても、その言葉が聞こえると

怒りと罪悪感で心が閉じてしまうのです。

でも、今日は母にではなく自分の内側に意識を向けようと思いました。

「疲れた」という言葉に反応してしまう原因が私の中にあるはずだと

信じて自分の心の中をじっと見つめてみたのです。

そうすると私に怒りや罪悪感を感じさせていたのは、

母や母の言葉ではなく、私の中にある

「相手を疲れさせてはいけない」

「疲れている人を助けなくてはいけない」

「疲れたといってはいけない」

「疲れた人を放っておいてはいけない」

という価値観なのではないかということに

気付きました。

そう思ったら少し楽になりました。

相手にではなく自分の中に原因を求めると(これは自分を責めるのとは違います。

自分の声を聴いてあげる感じです。)すーっと楽になれるんだなと思いました。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








回想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

人は被害者にはなれない

先ほど小腹が空いて「すき屋」のドライブスルーに出かけてきたときのことです。

私は店の中で食事をするのが苦手でよく利用するのです。

私が注文を終えて会計を待っていると、後ろに次の車が止まりました。

私は後ろに人がいるのがどうも苦手なのです。

すごく怖くなってしまうのです。これはいつものことです。

怖くなってしまうのと同時にイライラしている自分もいるのです。

私はこんなことで怖くなったりイライラするなんて

といつものように感情を誤魔化しつつ自己嫌悪に陥っていました。



そして、家に帰ってきて一息…

今が浄化ワークの使い時と思って、早速感情からノートに書き出してみました。

すると出てくること出てくること。。自分でもびっくりするくらい出てきました。


(感情)
・ジロジロ見てんじゃねーよ

・ビクビクしてんじゃねーよ

・人を隠れみのにしてんじゃねーよ

・かっこつけてんじゃねーよ

・大人ぶってるんじゃねーよ

・気にしない振りしてんじゃねーよ

・人を犠牲にしてんじゃねーよ

・自分ばっか守ってんじゃねーよ

・他人の振りしてんじゃねーよ

・見て見ぬ振りしてんじゃねーよ

・逃げてんじゃねーよ

・強がってんじゃねーよ

・急かすんじゃねーよ

・脅すんじゃねーよ

・人を追い詰めるようなことするんじゃねーよ

・関係ないふりしてんじゃねーよ

・冷静さを装ってるんじゃねーよ

・ぐずぐずしてんじゃねーよ

・人をこそこそ観察するんじゃねーよ

・人の弱みを握ろうとしてんじゃねーよ

・優越感に浸ろうとしてんじゃねーよ

・人が苦しんでいるのを面白がって見てんじゃねーよ

・いい人ぶってんじゃねーよ

・目をそらすんじゃねーよ

・そばに近づくなよ

・あっちにいけよ

・勝ったと思ってんじゃねーよ

・人を馬鹿にするんじゃねーよ

・人を見下すんじゃねーよ

・もじもじしてんじゃねーよ

・黙って見てんじゃねーよ

・車のライトくらい消せよ

・飯くらい自分で作れよ

・贅沢してんじゃねーよ

・楽してんじゃねーよ

・ドライブスルーなんか利用してんじゃねーよ

・ちゃんと店の中で食べろよ

・会って話もしてない人にイラついてんじゃねーよ

・自意識過剰になってんじゃねーよ

・誰もお前のことなんか見てねーよ


あのたった5分間の間にどんだけ自我暴れてるんじゃい!

と突っ込みたくなりました。

これじゃあ人が怖くなるはずですよね。

外のものに反応してしまう原因も

自分の感情の原因も

全部自分の中にあるんだなということが腑に落ちた感じがします。

人は被害者にはなりえないんですね。

これはただ自分を内観しているだけでは気付けなかったことだと思いました。

「他人は合わせ鏡」おそるべし!です。

基本がやっぱり大事なんですね。

「基本なんかやってたら日が暮れちまう!」

と私は基本から逃げてただただ焦っていました。

内観できたつもりでもできてなかったんだろうなと思います。

だから浄化ワークをやってもやっても全然すっきりしなかったのかも知れません。

自我は自分自身は騙せても、「他人は合わせ鏡」という真実には勝てないのかも

しれませんね。


以下、(感情を観念化したもの)と(自分への置き換えと許し)、(善悪の観念)も

載せておこうと思います。

注意:目が疲れます^^


(感情を観念化したもの)

・人をジロジロ見る人間は許せない

・ビクビクしている人間は許せない

・人を隠れみのにしている人間は許せない

・かっこうつけている人間は許せない

・大人ぶっている人間は許せない

・気にしてない振りをする人間は許せない

・人を犠牲にする人間は許せない

・自分ばっか守っている人間は許せない

・他人のふりをする人間は許せない

・見て見ぬ振りをする人間は許せない

・逃げている人間は許せない

・強がっている人間は許せない

・急かす人間は許せない

・おどす人間は許せない

・人を追い詰めるようなことをする人間は許せない

・関係ないふりをする人間は許せない

・冷静さを装う人間は許せない

・ぐずぐずしている人間は許せない

・こそこそ人を観察する人間は許せない

・人の弱みを握ろうとする人間は許せない

・優越感に浸る人間は許せない

・人が苦しんでいるのを面白がってみている人間は許せない

・いい人ぶっている人間は許せない

・目をそらす人間は許せない

・人のそばに近づく人間は許せない

・私のそばに近づく人間は許せない

・私に勝ったと思っている人間は許せない

・人を馬鹿にする人間は許せない

・人を見下す人間は許せない

・もじもじしている人間は許せない

・黙って見ている人間は許せない

・ドライブスルーで車のライトをつけっ放しにする人間は許せない

・家族のご飯を自分で作らない人間は許せない

・贅沢をする人間は許せない

・楽をする人間は許せない

・ドライブスルーを利用する人間は許せない

・店の中で食べない人間は許せない

・会って話もしていない人にイラつく人間は許せない

・自意識過剰な人間は許せない

・自分が人から見られていると思っている人間は許せない


(自分への置き換えと許し)

・私は人をジロジロ見る

・私はビクビクしている

・私は人を隠れみのにしている

・私はかっこうつけている

・私は大人ぶっている

・私は気にしてない振りをする

・私は人を犠牲にする

・私は自分ばっか守っている

・私は他人のふりをする

・私は見て見ぬ振りをする

・私は逃げている

・私は強がっている

・私は人を急かす

・私は人をおどす

・私は人を追い詰めるようなことをする

・私は関係ないふりをする

・私は冷静さを装う

・私はぐずぐずしている

・私はこそこそ人を観察する

・私は人の弱みを握ろうとする

・私は優越感に浸っている

・私は人が苦しんでいるのを面白がってみている

・私はいい人ぶっている

・私は目をそらす

・私は嫌がる人のそばに近づく

・私は人に勝ったと思っている

・私は人を馬鹿にする

・私は人を見下す

・私はもじもじしている

・私は黙って見ている

・私はドライブスルーで車のライトをつけっ放しにする

・私は家族のご飯を自分で作らない

・私は贅沢だ

・私は楽をする

・私はドライブスルーを利用する

・私は店の中で食べない

・私は会って話もしていない人にイラつく

・私は自意識過剰だ

・私は自分が人から見られていると思っている



・人をジロジロ見る自分が許せない

・ビクビクしている自分が許せない

・人を隠れみのにしている自分が許せない

・かっこうつけている自分が許せない

・大人ぶっている自分が許せない

・気にしてない振りをする自分が許せない

・人を犠牲にする自分が許せない

・自分ばっか守っている自分が許せない

・他人のふりをする自分が許せない

・見て見ぬ振りをする自分が許せない

・逃げている自分が許せない

・強がっている自分が許せない

・急かす自分が許せない

・おどす自分が許せない

・人を追い詰めるようなことをする自分が許せない

・関係ないふりをする自分が許せない

・冷静さを装う自分が許せない

・ぐずぐずしている自分が許せない

・こそこそ人を観察する自分が許せない

・人の弱みを握ろうとする自分が許せない

・優越感に浸る自分が許せない

・人が苦しんでいるのを面白がってみている自分が許せない

・いい人ぶっている自分が許せない

・目をそらす自分が許せない

・人のそばに近づく自分が許せない

・私のそばに近づく自分が許せない

・私に勝ったと思っている自分が許せない

・人を馬鹿にする自分が許せない

・人を見下す自分が許せない

・もじもじしている自分が許せない

・黙って見ている自分が許せない

・ドライブスルーで車のライトをつけっ放しにする自分が許せない

・家族のご飯を自分で作らない自分が許せない

・贅沢をする自分が許せない

・楽をする自分が許せない

・ドライブスルーを利用する自分が許せない

・店の中で食べない自分が許せない

・会って話もしていない人にイラつく自分が許せない

・自意識過剰な自分が許せない

・自分が人から見られていると思っている自分が許せない


(善悪の観念)

・人をジロジロ見るのは悪い
・人をジロジロ見ないのは良い

・ビクビクしているのは悪い
・堂々としているのは良い

・人を隠れみのにするのは悪い
・人を隠れみのにしないのは良い
・勇敢に立ち向かうのは良い

・かっこうつけているのは悪い
・分相応に振舞うのは良い
・謙虚は良い

・大人ぶっているのは悪い
・大人ぶらないのは良い

・気にしてない振りをするのは悪い
・自分の気持ちを包み隠さないのは良い

・人を犠牲にするのは悪い
・人に迷惑をかけないのは良い
・人を巻き込まないのは良い
・人を犠牲にしないのは良い
・人を利用しないのは良い

・自分ばっか守っているのは悪い
・自分を守らないのは良い
・人を守るのは良い

・他人のふりをするのは悪い
・他人のふりをしないのはよい
・都合が悪くても逃げないのは良い

・見て見ぬ振りをするのは悪い
・見て見ぬふりをしないのは良い
・困っている人がいたら助けるのは良い

・逃げているのは悪い
・逃げないのは良い
・立ち向かうのは良い

・強がっているのは悪い
・正直になるのは良い
・弱さを隠さないのは良い

・急かすのは悪い
・じっと待つのは良い

・おどすのは悪い
・なだめるのは良い
・やさしく諭すのは良い

・人を追い詰めるようなことをするのは悪い
・人を追い詰めないのは良い
・ただじっと見守るのは良い

・関係ないふりをするのは悪い
・自分の責任を果たすのは良い

・冷静さを装うのは悪い
・弱さをさらけ出すのは良い

・ぐずぐずしているのは悪い
・テキパキするのは良い

・こそこそ人を観察するのは悪い
・言いたいことがあるならきちんと伝えるのは良い
・こそこそ人を観察しないのは良い
・堂々と人と向き合うのは良い

・人の弱みを握ろうとするのは悪い
・人の弱みを握ろうとしないのは良い

・優越感に浸るのは悪い
・優越感に浸らないのは良い
・劣等感に浸るのは良い

・人が苦しんでいるのを面白がってみているのは悪い
・人が苦しんでいたら一緒に悲しんであげるのは良い

・いい人ぶっているのは悪い
・いい人ぶらないのは良い
・正直な自分を見せるのは良い
・嫌なことははっきり嫌というのは良い

・目をそらすのは悪い
・目をそらさないのは良い

・嫌がっている人のそばに近づくのは悪い
・人をそっとしておくのは良い

・私のそばに近づくのは悪い
・私のそばに近づかないのは良い

・人に勝ったと思っているのは悪い
・勝ち負けにこだわらないのは良い

・人を馬鹿にするのは悪い
・人を尊敬するのは良い
・人を褒めるのは良い

・人を見下すのは悪い
・人を尊重するのは良い

・もじもじしているのは悪い
・堂々としているのは良い

・黙って見ているのは悪い
・手を差し伸べるのは良い

・ドライブスルーで車のライトをつけっ放しにするのは悪い
・ドライブスルーで車のライトを消すのは良い
・前の車に気を利かせるのは良い

・家族のご飯を自分で作らないのは悪い
・家族のために手作りのご飯を作るのは良い

・贅沢をするのは悪い
・質素な生活をするのは良い

・楽をするのは悪い
・苦労するのは良い
・がんばるのは良い

・ドライブスルーを利用するのは悪い
・ドライブスルーを利用しないのは良い
・めんどくさがらないのは良い
・めんどくさがるのは悪い
・店の中で食べないのは悪い
・店の中で食事をするのは良い

・会って話もしていない人にイラつくのは悪い
・人にイラつかないのは良い

・自意識過剰なのは悪い
・自分がどう思われているか気にしないのは良い
・自分が人から見られていると思っているのは悪い

こつこつと浄化するぞ!


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








回想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最初から全部自分の中にある

私は今人生上昇塾のテイクオフコースに参加しています。

みなさんのようになかなか旅が思うように進まず不安を抱えていました。

そこで、ツアーガイドの安達さんに相談しました。

返ってきたメールにはこんな言葉が書かれていました。



「不安」になったのではなく、

最初から、「不安」だったということです。




自分の外にあるものが私に嫌なものをもたらすのだとずっと思ってきました。

「不安」も「罪悪感」も「恐怖」も「怒り」も

でも全部自分の中にあるんですね。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース









回想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。