君は君のままでいいんだよ

何も失ってなどいない… 「君は君のままで、私は私のままでいいんだよ。」 こんな風に心から思える日が来るのを信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気持ちの切り替え

ここ最近、嫌々ながらも浄化をつづけていました。

ただ数をこなすことだけに囚われていました。

ただ一刻もはやく現実の苦しみから解放されたくて

ただただノートに感情をかきなぐり、手を動かしていました。

でもいくら感情を書きなぐっても、いくら浮かんでくるままに

観念を書き出しては浄化してみても、

自分と向き合っているという感じでは正直なかったのではないか

と思います。

ただ当たり障りのないように自我と戯れていたような気がします。

やっぱり本当に自分の中にあるものに向き合うのは怖かったのだと思います。

無意識にさけていたのだけれど、私はそれを自分ときちんと向き合っていると

思い込んでいたようです。

ついさっきまでこんな風には思えませんでした。

ただただ焦っていました。

そして焦ることに疲れて、もう一度やり直してみようと思ったのです。

積極的な再挑戦ではありませんでした。

どちらかというと窮地に立たされて仕方なくという感じでした。

でもやり直すといってもどこからやろう…としばらく迷ってから

パラドックスの教材に載っていた言葉のリストの中から一番気になるもの

からはじめてみようと思いつきました。

早く実感してみたかったのです。

そして選んだのは、「正しさ」という言葉

あんまり一気に書き出すと嫌になってしまうので

あまり細かいところまで探るのは一旦諦めて

とっさに思いつくものだけ書き出してみました。

相対する「間違い」に関する観念も同様に書き出してみました。

すっきり1ページくらいに収まり、まずはこれに真剣に取り組んでみようと

思いました。

しかし、喜びもつかの間、自我はそこで満足してしまったのです。

またか…とあきれつつ心の中を観察してみました。

すると強く浮かび上がってきた言葉がありました。

「失望したくない」という言葉でした。

もう…また怖がりな自我がたわ言をいってらぁ。

とそんなもの無視して強制的にやっちゃえ!と思ったのですが

「失望したくない」という思いが思いの外大きいことに気付きました。

無視しても駄目そうなので、とりあえずロケットで飛ばして見ることにしました。

でも、なかなか消えてくれない。

それどころか胸がどんどん苦しくなってきました。

なんと強烈なやつなんだ…と諦めかけていたとき

今度は「失望されたくない」という思いが強く出てきました。

それで、それもロケットで何回も飛ばしましたが消えてくれませんでした。

まだ胸は苦しいままです。

でもロケットを何回も飛ばしているうちに、思いの中心に向かっているような

気がしてきました。

そしてようやく出てきたのが、

「もう自分に失望されたくない」という思いでした。

この言葉をハートで感じてみたら

やっと自分にわかってもらえたような気がして

ぽとぽと涙が流れてきました。

そういえば、今までいっぱい自分に失望してきたなと思い出しました。

そして「失望」という文字に感じていた恐怖が

ひゅーっとしぼんだような気持ちになりました。

こんな気持ちは浄化ワークをはじめてから初めてでした。

今まで何の実感もなかったので、こんな小さなことが

うれしくて仕方がありませんでした。

まだ完全に「失望」という言葉に恐怖を感じないわけではないので

もう少し色々言葉をくっつけて真っ白になるまで頑張ろうと思います。

そして、最後に宣言しました。

「たとえ誰に失望されようと、私は私に失望しません。」


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








スポンサーサイト
心の変化 | コメント:1 | トラックバック:0 |

何もかも決め付けていたんだな

ここ2,3日苦しくて苦しくてどうしようもありませんでした。

自己否定に耐えられなくて部屋に閉じこもったり、

お母さんに八つ当たりしたり、浄化ワークからも遠ざかっていまいた。

とても、焦っていました。

早く楽になりたい

早く苦しみから逃れたい

自分の外側にばかり救いを求めていました。

自分の外側にばかり原因を求めていました。

現実はこんなに苦しい、どうしたら現実を変えられるだろう

どうしたらここから逃れられるだろう

そんなことばかり考えていました。

そんなとき、ふとこんな言葉が蘇ってきました。

          自分の心の中にしか現実はない

                  自分の心の中にしか他人はいない

               自分を傷つけられるのは自分だけ

ちゃんと自分と向き合っていませんでした。

今ここにある思いがどこからくるのか見ようとしていませんでした。

ただただ外を見ていました。

ちゃんと自分と向き合おうと、不安を抱えながらも

再び浄化ワークに取り掛かっているところです。

旅の仲間の様子が励みになったり、逆に気になってしまったり、

無意味に思えて苦しくなってしまうこともあります。

そんなときは、本当の自分に出逢うまでの合言葉を思い出します。

        比較しない

        決め付けない

        自分を許す

        全てを受け入れる

私はこの中でも特に「決め付けない」という言葉が

目からうろこでした。

私は「そんなに決め付けてなんかいない、事実は事実じゃないか」と

最近まで信じきっていました。

でも、本当にそうだろうかと疑ってみてから

「決め付けてないことなど何もない」ということに気付きました。

今、苦しいくて仕方がないことも

誰かが私を傷つけたという思いも

私は駄目な人間だという思いも

すべてのもの、出来事、感情、思い、自分、他人…

すべて決め付けているに過ぎませんでした。

まだこれが完全に腑に落ちているわけではなくて

常に意識していないと忘れてしまうほど、まだ頼りないものですが

気付けてよかった。

自分の内側を見つめて、

少しずつ、決め付けていることに気付けたら

それをひとつひとつ手放していこうと思います。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








気づき | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。