君は君のままでいいんだよ

何も失ってなどいない… 「君は君のままで、私は私のままでいいんだよ。」 こんな風に心から思える日が来るのを信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

不安なとき

不安なとき。

そんな時は「今ここにいる自分」から目をそらしている時だと知った。

本当の自分が、「こっち向いて」って言っているのに

何度も何度もそれを無視した。

「ごめんね。」


不安なときに聴く大好きな曲です



ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース








回想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

父と私

朝起きたら、なんだかもやもやしてすっきりしない…
まだ、色んな問題を引きずっているみたいだ。

ストーブの前でボーっとしていると、ある思いが浮かんできた。
「本当に私はお父さんのせいで苦しいんだろうか…
本当にお父さんの言われるまま、周りに言われるままに生きてきたんだろうか。」
しばらく自分に問い続けていた。

答えが返ってきた

「誰かの言われるままに生きるのを決めたのは君自身だよ。
君は自分で選択してきたんだよ。どんな時も人に従っていると思えるときも
君は自分でそれを選んで自分の足で歩いてきて今、ここにいるんだよ。」

そうだ。
私は父の犠牲者として生きることを自分で選んだんだ。
だったら本当の自分を生きること、誰かのせいにしないで生きることだって
自分で選べるんだ…

「自分で決めたことは、自分で変えられる」
「変えられないって決めたのは誰?そう君だよ」
ある人に教わった言葉

でも自我はそれを認めたがらない。
お父さんのせいで私の人生台無しだ
お父さんに言われた通りにいきてきたでしょ
あたしの人生返してよ
あたしを自由にしてよ
あたしを支配しないでよ
お父さんのせいにする自分が許せない
自分で決めたい
自分で決めてない
自分で決められない
自分で何も決めたくない
自分で決めるのが怖い
お父さんの犠牲になりたくない
お父さんの犠牲になりたい
犠牲者で居続けたい
犠牲者でいるのはイヤ
お父さんは私の犠牲者
お父さんの人生を狂わせたのは私だ
あたしがしっかりしないからお父さんは幸せになれない
あたしがしっかりすればお父さんは幸せになれる
私は自分を裏切る
自分を裏切る自分が許せない
自分を裏切りたくない
私は自分を縛る
私を縛る自分が許せない
自分を縛ってはいけない
自分を解き放たなくてはいけない
自分を解き放ちたい
自分を解き放つのが怖い
私は自分を解き放っていない
自分を解き放ってはいけない
お父さんから逃げたい
お父さんから逃げられない
お父さんから逃げてはいけない
お父さんから逃げたくない
お父さんから逃げるのが怖い
一人で生きたい
一人じゃ生きられない
一人で生きていない
一人で生きるのが怖い

俺を裏切ったとわたしを責める父
俺を裏切らないでくれと懇願する父
わたしの為に生き、自分のために生きようとしない父
私や家族の犠牲者であり続けようとする父

全て私自身だったのだと気付きました。認めたいけど認めるのを嫌がって
いる自我ちゃんがいます。早速浄化します。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース






気づき | コメント:0 | トラックバック:0 |

自分へ帰る旅

  小さい頃からの私の悩みは「人に心が開けないこと」でした。
  学校ではいつもひとりで、家に帰っても友達と遊ぶわけでもなく、
  夜眠るのが怖かった‥このまま目が覚めなければこの孤独の世界から逃れられるかもしれない。
  そうやって人を拒絶していく内に、私の心はどんどん汚くなりました。
  人を憎む心、自分を憎む心、自分に人間失格という烙印を押しました。
  頑張って人に心を開こうとすればするほど、自分と自分、自分と世界が切り離されました。
  なんで誰も私の苦しみを分かってくれないんだ!どんどん苦しくなってきました。
  「もう駄目だ」そう思ったとき自分の知らない世界とつながることが出来たのです。
  
 ■浄化ワークに出会って良かったこと・変わったこと
  
  私は、自分には何か人間として大切なことが欠けていると思い込み、
  それを埋めようと必死でした。人からの評価を求め、嫌われないように必死でした。
  好かれたいがためにこんなに苦しいのなら、自分を諦めればいいのではないかと思い、
  「好かれたいなんて期待するのはもうよそう。私は人から嫌われて当然の人間なんだって
  諦めてしまえば、楽になるかもしれない」
  それから人を自分の敵とみなす日々が始まりました。
  誰を見ても憎くてしかたがないのです。人の優しささえも苦しみでしかありませんでした。
  期待しない分、人に対する恐怖も誤魔化すことが出来ました。
  でも、「私はこんなことをするために生まれてきたのか!」
  悔しくて悔しくて夜涙がとまりませんでした。
  そんな中でたどり着いたのが、人生上昇塾でした。
  私が求めていた言葉がそこにありました。
  「何も失ってなどいない」という言葉です。
  ほかにもここに辿り着いてから、素敵な言葉にたくさん出会いました。
  これからも生きていくことができるかもしれない。
  今、ぎこちない動きで浄化ワーク実践中です。
  こんなことしても無駄かもしれないって思うときもあるけど、もう自分を諦めたくないから
  これからも旅を続けて行きます。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ


すべての答えは、自分の中に眠っている

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース





回想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。